2009/12/11

リヨンの街並み散歩 Lyon

いまだにお店の外観とかショーウィンドーとか飾りつけ、気になります。
マルセイユは大きな町だし、意外とおしゃれな店もあるので、パリの次に来てもいいのでは?などと思っていましたが、やっぱりリヨンのほうが上。
マルセイユよ、がんばれー!

ぶらぶら歩きでたくさん写真撮りました。




牛乳瓶のようなワインボトルの絵。


かわいい、ポルト酒のイラスト。


このビストロ入ってみたかったー。席がありませんでした。
お店も働いている人たちもオサレ。




レストランとかに置くメニューを書き込む黒板のお店。


前面に見えているモミの木は、クリスマスの飾り用に売っている物。
高台に見えるはフルヴィエール・バジリカ大聖堂。
マルシェにて。


ギニョルと呼ばれる操り人形。


生牡蠣がおいしそう~、って食べられないんですけど。


待ちのあちこちで見られる壁に埋め込まれた台は、普通なら町の人々を見守るマリア様のいるところ。
ここでは、のんべえな小人が座っています。
レストランの多い地区にて。






ここのお店は6月2人のOさんと来て、カエルのから揚げとかおいしいものを頂いたお店です。


掃除機がかわいくて。


大きすぎないか?このサイ。

リヨンのビストロ ル・シュッド Le Sud a Lyon


ポール・ボキューズのセカンドラインのビストロ " Le SUD"
いや~。混んでました。
光の祭典初日ということもあったのかも知れませんが、予約しておいてよかったです。


食前のつまみ、オリーブのタップナード。


私の前菜はナスのピューレ、ゴマとバジル和え。


部長のメイン:鯛のグリル焼き&南仏の夏のスープ”ピストゥー”


私のメイン:子羊の蒸し煮&ラタトゥイユ

リヨンにはポールボキューズのセカンド店がいくつもあって、リヨンの北には "Le NORD"(北)、東には" L'EST"(東) 西には"L'OUEST"(西)とあり、このお店は南に位置しているので"Le SUD"(南)。
出される料理も南仏料理で、リヨンの料理というよりはプロヴァンスの料理のようです。

お昼は2品で19.60ユーロ、3品で21,80ユーロです。
私達は3品コースにしたのですが、デザートはいまいちでした。
写真も載せないのはその理由からです。
甘すぎて日本人の味にはあいません。

混んでいるにもかかわらず、眺めの良いテラス席に案内していただいたり、デザート以外は満足でした!

http://www.nordsudbrasseries.com/

リヨン光の祭典 2009年12月5日 La fete de la lumiere a Lyon

リヨン再び。
今回は日本から来た部長が、リヨンで光の祭典なるものがあるらしいから行ってみたい、と言ってきたので二人でぶらぶら写真撮りながらの観光となりました。
と言っても早朝出発の夜に帰る強行日帰り旅行です。(苦笑)
光の祭典は、イルミネーションなのでもちろん夜からです。

リヨンの夜景写真をご覧ください。


Hotel de Villeのある4区まで登った所のイルミ
人でいっぱい。


ローヌかソーヌか?川です。





 

 
左の写真を大きくすると右の人が見えてきます。フルヴィエールの丘の上を望んだところ。




メトロに乗ろうと並んだ、ベルクール広場。

写真で見るときれいには見えますが、実際は期待のほうが大きすぎたのか、それほど感動する物でもありませんでした。(苦笑)
とにかく多くの人で賑わっていました。
メトロが閉鎖されるところもあり(特にTGVの駅Part-Dieu)、ベルクール広場みたいに入場制限するところあり、こんな時に出かけるもんじゃありません。

夜は写真撮るので時間がなく、駅のレストランで軽く済ませて帰りました。
でもお昼はおいしかったんです。
次回にレポートします。

あ、部長ありがとうございました。
読んでないと思うけど。(笑)



2009/11/04

ヴェロさんのパン・デピス Pain d'epices a l'ancienne Nicolas

このドカーンと大きなパン。
名前はパン・デピスですが、パンと言うよりこれ、ケーキなんです。

だんだん寒くなってきましたが、エクスのメイン通りミラボー通りもクリスマスのイルミネーションが取り付けられました。
まだ点灯はされていません。
このミラボー通りで日曜日、友達のヴェロさんのパン・デピスのお店を見にマルシェへでかけました。
このパン・デピスどこかで見た・・・
と思っていたらやっぱり、パリのサロン・デュ・ショコラで見かけたあれでした。
毎年出展しているそうです。

エクスでは不定期でマルシェにでているヴェロさん。
このパン・デピスを見つけた人はラッキーです。
なぜなら、おいしいから!
パン・デピスは、ハチミツとスパイスの入った、たしっとりしたケーキです。
グラム売りで2.9ユーロ/100g
フランスまで行けないわ、と言う人には葉山のノムリエールでも買えます。
http://nommeliere.livedoor.biz/archives/50923114.html

私は、生クリームを添えたり、ヨーグルトを添えたりして食べるのがすきですが、これにフォアグラを乗せて更にイチジクのジャムを少し垂らして食べると最高級のおつまみになります。
赤ワインと共に!
パン・デピスはどこで買ってもおいしい、と言うわけではないのです。
このヴェロさんとノムリエールさんは太鼓判を押します。
(土産屋のやつはおいしくないです。ご注意を。)


ヴェロさん、田舎風マカロンも売っています。
このマカロン、おもしろいことに2つがくっついていて、中がしっとりしています。
パン・デピスもマカロンも冷蔵庫で1ヶ月は保管できるそうです。
Les macarons a la campagne.
Delicieux, grace a ce qu'il sont colles. Pendant a peu pres un mois on peut garder dans le frigo.

こちらがヴェロさんです。
今日はおしゃれしてないから、写真撮らないでと言われましたが、いつもおきれいですよ、ヴェロさん。
エクスに来たらヴェロさんを探してみてください。
おいしいパン・デピス食べられます。
(味見用に出ているものは乾燥していて本当の味おいしさが分かりません。あしからず(苦笑))

ヴェロニクさんのお店
(NICOLASさんのレシピのパンデピス)
日曜日 ミラボー通りのマルシェ(不定期)
木曜日 裁判所Palais de Justiceとマドレーヌ教会間のマルシェ内で探してください。 (クリスマスまでは毎週でているらしいです)

Une masse comme la roche, c'ect un pain.
Mais le Pain d'epice.
C'est plutot un gateau que le pain. Il y a des epices et le miel dans ce pain.

Il fait plus en plus froid d'hiver, le decor de Noel vient de commencer a fixer au Cours Mirabeau a Aix en Provence.
Mais pas encore ete illumine.

Ce dimanche, on est alles voir Vero au Marche de Noel.
En fait, depuis un an que j'habite a Aix pourtant c'etait a premiere fois que j'ai vu son stand au marche.
Je me suis dis " Cet enorme masse de pain, ca me dis quelque chose...".
Oui, je les ai vu au salon du chocolat a Paris en Octobre !

Vous aurez de la chance de trouver le stand de Vero, car ce Pain d'Epice est delicieux.
En plus son stand participe aux marches irregulierement.
Si vous habitez au Japon, il y a aussi un bon adresse pour le Pain d'Epice.
C'est a Nommeliere pendant la saison de Noel, vous pourriez acheter a ce bistrot a Hayama.
http://nommeliere.livedoor.biz/archives/50923114.html

J'aime bien gouter avec un peu de yaurt ou bien de creme fraiche, mais aussi avec foi gras et la confiture de figue, c'est excellent !

NB : Ce n'est pas n'importe quel pain d'epice est bon mais je vous assure que ce pain d'epice est le meilleurs.
On ne peux meme pas comparer ceux de magasin de souvenir.

南仏もすっかり秋色・・・冬かも?Lambesc


エクスからLambesc(ランベスク)へ行く途中のブドウ畑です。
パリから戻り、それとなく紅葉が見たいと出かけたのですが、ブドウ畑が真っ赤に染まっていました。
もう南仏も寒く、冬支度です。

ハロウィンでかぼちゃがたくさん

このフルーツのお菓子は、日本で言えば羊羹みたいなもの。
とても甘くてお茶に合います。
真ん中にある果物はコワンと言って、りんごみたいな味なんですが生では食べられないそうです。
このコワンの羊羹(じゃないけど)を買ってみました。


かぼちゃ祭りの風景。
日曜日という事もあり、地元の人でいっぱいでした。

秋を通り越して冬色ですね。
日本も寒いみたいです。
この場を借りて、普段連絡できない皆様へ、風邪など引かないよう気をつけてください。

2009/10/16

パリ サロン・デュ・ショコラ 2009年10月 SALON DU CHOCOLAT MALARCHOCOLATERIE

パリに住んでいた上に常々行ってみたいと思っていたのに、行った事がありませんでした。
今回初めて行ったサロン・デュ・ショコラ、面白くておいしかったです。

有名ブランドや老舗のお店から日本のブランドまで出展していました。
日本では伊勢丹などでもサロン・デュ・ショコラは開催されているようですね。
チョコ好きにはたまらない、といった感じなのでしょう。
ただ「目新しい」というチョコレートはあまりないようでした。
どちらかというとフランスの出展者は伝統的なものが多かった気がします。

今回の出展者の中で私が気に入ったのは、スウェーデンの高級チョコレート屋MALARCHOCOLATERIE。
面白いのはここのフレーバーで、変わったところではワサビ、タバコなどがあるのです。
もちろん普通にシナモンキャラメルやコーヒー、アールグレイ、フランボワーズ、アーモンド・ピスタチオなどもあります。
ホームページはスウェーデン語、フランス語、英語のみ
http://www.mcl.se/


会場の雰囲気をご紹介します。

ウィンドーに入ったチョコでできたエンジェル達。


チョコレートで作られた洋服


セミナー有り

こちらはオペラ座


こちらはエクスからの出展者でパン・デピスの紹介です。


正真正銘の「フォンダン・ショコラ」だそうです。
初めて食べた味でした。
おいしかったですよ。


PS:ここに来るときはおなかを空かせてきましょう。

2009/09/28

パリから日帰りのコルビュジェのロンシャン礼拝堂2009


感動です!
この地をこんなに早く訪れる事が出来たなんて・・・

コルビュジェ建築を見に行く機会の多い私にとって外せなかったのが、このロンシャン礼拝堂。
正式には”La Chappelle Notre-Dame-du-Haut de Ronchamps(ラ・シャペル・ノートルダム・デュ・オー)”、でも、「コルビュジェのロンシャン礼拝堂」として知られています。

歴史は古く中世時代からあった礼拝堂です。
1913年に雷が落ち礼拝堂は破壊され、1927年に建てなおされたものの、第二次世界大戦の際にドイツ軍の空爆を受けて更に破壊されてしまったのでした。
1944年に戦争で亡くなられた方の記念碑も礼拝堂を見渡すように配置されています。(階段の山みたいなオブジェ:写真なし)
コルビュジェが関わり始めたのは1950年、竣工は1955年です。

Lure(リュール)から乗ったタクシーの運転手さんは、その当時建築が始まり、新しい礼拝堂が出来たときの事を覚えていると話してくれました。
おじいちゃんなので、タクシーもおじいちゃんの匂いがしましたが、憎めないおじいちゃんです。


この屋根の部分はカニの甲羅をイメージした物とか・・・
なぜにカニ?
ちっちゃい窓がたくさんありますが、全部ステンドグラスになっていて、礼拝堂の中から見るととてもかわいいんです。
小さい窓しかないのに、お天気も手伝ってか結構明るかったです。
Tさんありがとう。

見る角度によって全然違う表情です。
これは斜め後ろから見たところ。


鐘は天井ではなく地面にこうして建てられています。
ちょうど12時の鐘を聞きましたが、すごい迫力。
それに計算されていない鳴り方・・・(笑)
さすがフランスです。





出口を出てすぐ田舎道がまっすぐ伸びています。
とにかくお天気のよい日で、ステンドグラスもとてもきれいでした。
なぜ礼拝堂の中の写真がないの?とお思いかもしれません。
だって写真とっている人たくさんいるんです。
この日もみんな見学に来た人はほとんど写真を撮っていました。
実は私も(苦笑)。
でも本当は写真撮影は禁止なんです。フラッシュなしでも禁止。
本当はステンドグラスの写真をとっても載せたい気持ちです。

現在レンゾ・ピアノという関空やポンピドゥーセンターを設計した建築家がこの周辺環境に関わっており、コルビュジェの礼拝堂の景観を壊すことなく、最新式のシスター達の礼拝堂やインフォメーションセンターを作ろうとしています。
2010年には完成の予定のようです。
今の受付は掘っ立て小屋みたいなもの。随分代わるんじゃないかと少し心配です。
掘っ立て小屋のままでもいいのではないかと。
でも1年中世界中から観光客が来るこの礼拝堂で、シスター達のために静かにお祈りできるスペースを作るのはごもっともだと思います。

私達の交通
パリ東駅 → Lure(リュール) TERというローカル線で約3時間半 片道26ユーロ~
Lure(リュール)からタクシーで20分ほど 片道25ユーロくらい

タクシーはおじいちゃんの言い値だと22ユーロでしたが結局メーターが23ユーロくらいになりました。
それプラス、チップも出来たらあげてくださいね。
日本では慣れないので、あげない人も多いと思いますが・・・
チップは50セントか1ユーロ程度で大丈夫です。
たくさんあげすぎるのも問題ですので・・・(苦笑)
あ、おつりもちゃんともらってくださいね!
おじいちゃんはいい人だけど、さっさと降りた私達におつりを渡さないつもりでいるようでした。
いいおじちゃんなので、あまり問い詰めたくありませんが。
おつりをもらってから、チップを渡しましょう!(笑)

憎めないおじいちゃんタクシー
Lureの駅前にいました。
いないときは、電話で呼びます。
TAXI Michel
03 8462 8583